K-channel(ケーチャンネル)KPOP・韓流・韓国エンタメ情報。

KARA(カラ)とは、ハングル表記:카라韓国の女性歌手グループ2007年3月29日にデビュー。DSPメディア所属。ギリシャ語で甘いメロディーという意味をもつカラ(KARA)は、2007年3月4人のメンバーで初正規アルバム‘Blooooomingを発表、2008年6月,...

KARA(カラ)

ハングル表記:카라
韓国の女性歌手グループ
2007年3月29日にデビュー。
DSPメディア所属。
--------------------------------------------------------------------
ギリシャ語で甘いメロディーという意味をもつカラ(KARA)は、2007年3月4人のメンバーで初正規アルバム‘Bloooooming’を発表、2008年6月,ハラとジヨンをメ ンバーに加え、5人のメンバーで 新たに編成。ミニアルバム ‘Rock U’を発売した。以後、‘Pretty Girl’, ‘Honey’, ‘Mr.’, ‘Lupin’, ‘JUMPING’, ‘STEP’ など、韓 国で数多くの曲を多様にヒットさせ、韓国内トップガールズグループの座を得た。 ここで終わることなく、2010年日本市場進出に出たKARAは‘ジェットコース ターラブ’でオリコンチャート1位を取得、以後 ‘GO GO サマー’, ‘ウィンターマジック’, ‘Speed Up’ などのオリジナル曲たちをオリコン チャート上位圏にランクイ ンし日本市場でも名実共に最高の韓流スターとしての名をものにした。 現在KARAは、韓国内ミニ5集アルバム‘PANDORA’を発表し熱い人気を得ている。

  • パク・ギュリ

    1988年5月21日生 
    リーダー、ヴォーカル担当
    身長,血液型: 162cm / AB型 
    学歴: ドンドク女大 放送演芸学科 休学中 
    デビュー: 1995年 MBC “今日はいい日” [ソナギ] 
    特技,趣味: 歌、演技 / 読書、映画観賞
    --------------------------------------------------------------
    • 本名:パク・ギュリ (박규리:朴奎俐:Park GyuRi)
    • ソウル特別市出身
    • 学歴:同徳女子大学校 放送芸能学科(2011年10月現在、在学中)
    • 趣味:読書、映画鑑賞、散歩
    • 特技:歌、演技、声真似
    • 座右の銘:ポジティブに考えよう
    • リーダー、美しさを担当。ファンがつけたニックネームは「女神」、幼少からのニックネームは「ギュル(韓国語でみかん)」
    • 母は声優のパク・ソヒョン。好きな日本のアニメは、ONE PIECEHUNTER×HUNTERBLEACH最遊記ほか。恋愛系よりもアクション系が好きとのこと。最遊記の声優陣に会ってみたいと発言したことがある。日本映画『嫌われ松子の一生』は、ギュリが感銘を受けた映画の一つ。
    • 1995年、母親の仕事現場に付いていった際にスカウトされる。その数日後、芸能番組『今日はいい日』中のドラマ『夕立』のオーディションを受けてみないかと連絡があり、連れられて行ったところ、ギュリの顔を見るなり合格が決まった。他には高視聴率ドラマ『女人天下』への出演経験がある。
    • 元々は別の事務所に所属しており、そこでのデビュー話が流れたために現所属事務所のオーディションを受けてデビュー前のKARAのメンバーとなった。リーダーとなったのはメンバー内で最年長であったため。デビュー前のKARAに最後に合流したメンバー。
    • 年下メンバーを非常に可愛がっており、悩みや相談事を夜遅くまで聴いてあげたこともある。そのため、メンバーからはお母さんみたいな存在と言われている。
    • アレルギーにもかかわらず薬を飲みながら犬(名前は「キンカン」)を飼っていた。
    • 高所恐怖症である。あるバラエティー番組でジェットコースターに乗ろうとする場面では、メンバーの中ではひとりだけ「高い所が怖いので」乗るのを拒否していた。2011年6月11日ソウルでのファンミーティングでは、肩幅位しかない(半円状の手すり付き)リフト(高さ3m半位)には乗った。
    • メンバーの中で一番のおっちょこちょいである。      
    • 以上、「グループでただ一人の高所恐怖症」、「一番のおっちょこちょい」、など愛らしい面があり、「女神」ではあっても「ワンマンのリーダー」というイメージからは程遠い。また、いわゆる「女神キャラ」は元々持っているナルシストな面をテレビ用に極大化したものであり、普段の性格と差があることからMCや共演者、メンバーからも時々ネタにされる。自分でも「私の魅力は根も葉もない自信」と言っており、「女神キャラ」が「いじられキャラ」になることがあるのを自分で楽しんでいるようなところもある。一方、キャラに対するバッシングに対しては精神的に堪えたことを告白している。
    • URAKARA第7話では共演俳優の大口兼悟にビンタをするシーンがあり、撮影後「申し訳ない」と謝り倒し、涙を流した。
    • 2011年11月23日、多忙による疲労蓄積で声帯結節の診断を受けたことを所属事務所が明らかにした。本人の希望で日韓活動が一段落するまで手術を延期し、2012年2月21日、声帯ポリープ切除手術を行った。11月16日新星堂サンシャイン・アルパ店にて1日店長を勤める。
  • ハン・スンヨン

    スンヨン(한승연)
    1988年7月24日生 
    リードヴォーカル担当
    身長、血液型: 160cm / A型 
    学歴: キョンヒ大 演劇映画学科 休学中 
    デビュー: 2007年KARA正規1集アルバム [Blooming] 
    特技,趣味: 歌、ダンス / 読書、音楽観賞 
    --------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    • 本貫淸州韓氏
    • ソウル特別市出身
    • 学歴:慶煕大学校 演劇映画科(2011年10月現在、在学中)
    • 趣味:旅、読書、映画・ドラマ鑑賞、電子製品収集、動物のことを調べること
    • 特技:蚊の飛ぶ音のマネ、カラスの鳴き声のマネ
    • 座右の銘:信じるようになせばなる
    • メンバーの中でも日本語が最も上手。日本デビュー当初のトーク場面では、スンヨンの日本語を通訳が他のメンバーのために韓国語に訳していたことがある。
    • "最強の童顔"とファンから言われている。ニックネームは、日本のアニメに興味を持つギュリがつけた「ハム太郎」。
    • 「笑っていない時の顔が怖いと言われ、よく睨んでいると誤解される」のがコンプレックスであると、韓国のTV番組「スターゴールデンベル」出演時に発言している。そのため、意識的にいつも笑顔でいるよう心がけているとのこと。
    • 27歳で、結婚することが夢だが、日本でのEXILEの番組で代官山の占い師に言われたことは、「結婚時期は遅い」と言われショックを受けた。
    • デビュー前、女優として映画に100本ほどの番組にエキストラとして出演しているが、1997年放映の『星に願いを』以外ほとんど記録に残っていない。日本のアニメが好きで(D.Gray-man、今日からマ王!テニスの王子様などが好きとのこと)、字幕をみて覚えたカタコトの日本語ならば、日本デビュー前の時期から話すことができていた。また、中学2年生から高校1年生の途中までアメリカに留学していたが、インタビューでは「多くの方々が思うように英語が完璧にうまいわけではない」と明らかにした。
    • アメリカ留学中に別の事務所からデビューの話があったため帰国したところその話は流れてしまったが、帰国後に通っていたダンススクールでイ・ヒョリマネージャーの目にとまり、そのすすめにより現所属事務所のオーディションを受けデビュー前のKARAのメンバーとなった。
    • 初期の段階でメンバーに決定したらしく、ギュリのオーディションをソンヒと共に見ていた。
    • 「KARAの小さいオンニ(姉)」とも呼ばれることがあり、日本のトーク番組などでは、年下メンバーの発言のフォローをしたり助け船を出したりするなど、リーダー・ギュリの役割を補完する役目を担うことが多い。「小さい姉」は「次姉」という意味の他にメンバーの中で一番背が小さいことからきている。 
    • デビュー当時全く売れず、さらにメンバーの脱退と崩壊の危機にあったKARAを存続させるために、どんな番組にも多く出演し、グループの名前を売ろうとバラエティー番組で、全身泥まみれになる場面もある。そのため、必死に努力した苦労人として知られる。初めて出演した地上波のある番組では全くの新人であったため、番組冒頭の挨拶と最後の挨拶だけで終わってしまうと思い、わざとかぼちゃの種を剥ぐ罰ゲームを受けた。そして、番組内の大御所であるチョ・ヒョンギに勇気をだして「いっしょにやりませんか」と声をかけると、他の出演者からは怪訝な目で出しゃばるなとの視線を送られ辛かったが、そのチョ・ヒョンギからは「君はKARAのスンヨンだろう、本当に怖い新人だね!」と優しく返答され、地上波のテロップに初めてKARAという文字が紹介されて感動したと、後年のバラエティ番組強心臓で涙ながらに回顧した。しかし、後にチョ・ヒョンギにお礼をいっても、「覚えていない。」と返事をされた。と、語っている。
    • ケガなどが多く、MV撮影中に腕を骨折し、ギプスをしたまま翌日のテレビの音楽番組に出演したり、日本デビュー後には尾骶骨を骨折して1ヶ月ほどテレビ出演が出来なかったりした。この自身のケガをネタにしたパフォーマンスやトークを披露することが時々あり(LUPINのメロディーが流れている時よろけてみせたり、骨折で入院中の病院でのエピソードを披露するなど)、「転んでもただでは起きない」プロ根性を見せている。
    • 愛くるしい顔であるが、冷静な性格である。韓国の音楽生番組でLupinを歌唱中、転倒するが次の瞬間には立ち直り、何事もなかったかのように歌い続けた。
    • 寝起きが悪く、早朝の番組収録はテンションが低い事が多い。ただ日本と違って韓国の番組では朝に歌を歌う番組がほとんどない為、韓国の番組には影響していない。
    • 2012年7月7日 急性貧血で江南の病院に入院しシンガポールでのイベントには欠席する。
  • チョン・ニコル

    ニコル(정니콜)
    1991年10月7日生 
    メインヴォーカル担当
    身長,血液型: 164cm / A型 
    学歴: 米国 ローレルスプリングス学校 卒業 
    デビュー: 2007年 KARA正規1集アルバム [Blooming] 
    特技,趣味: ダンス / バイオリン, 映画観賞
    ----------------------------------------------------------------------------------------------------------
    • 韓国名:チョン・ヨンジュ(정용주:鄭龍珠:Jung Yong Joo) (龍珠=ドラゴンボールの意) 
    • アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡グレンデール市生まれ
    • 小学校を卒業するまでアメリカ合衆国カリフォルニア州で過ごし、中学校に入学する際にアメリカ合衆国アリゾナ州に引っ越した
    • 学歴: 建国大学校 獣医学科(短期教育生) 修了(※「ニコルのキャンパスライフ」にて)
    • 特技:ダンス、英語、料理
    • 座右の銘:後悔なく生きよう
    • メンバーの中では、朝、最も早く起きて、朝食をしっかり食べることが「一番大切なことです」というが、一方で、外出の10分前に起きると説明することもある(因みに、その時に、ジヨンは外出の3分前に起きる)。
    • 明るく元気担当、ニックネームは「コル」、「ニコラ」。後に「元気なニコル」「にこにこニコル」と自ら紹介。
    • アメリカで生まれ育ち、幼少の一時期しか韓国に住んだことがなかったため、オーディションに合格して韓国に来た当時は、英語は流暢に話せるが朝鮮語はあまり話せなかった。現在では朝鮮語は日常会話には不自由しない程度に上達している。この朝鮮語があまり得意ではないということが幸いして、KBSの"スターゴールデンベル"という番組内の、"目の高さをあわせて Season2"というコーナーのレギュラーを獲得した。
    • 朝鮮語も日本語と同様に同音異義語を多く持ち陸海空(発音ユッケゴン)とユッケや旧と九などクイズでの勘違い回答が多い。以前はメンバーの中でジヨンが一番日本語が苦手であったが、ジヨンが相当上達した為ニコルが一番苦手になってしまった。朝鮮語と日本語を話す際、英語がしばしば混じっている。
    • KARAの楽曲のRap(特に英語のパート)の部分はニコルが主として担当している。このRapの部分が楽曲中の重要なアクセントになっていて、楽曲の魅力を増している重要なパートとなっていることが多い。
    • 笑顔をいつも絶やさない。人前で泣くのを好まない。
    • 日本の番組でダンスを共演者などに教える際は、ニコルが指導する事が多い。
    • 日本の芸人である劇団ひとりに似ていると言われている。
    • 日本のバラエティ番組に出演した際に、将来のことが話題となり、結婚候補者が現れたら愛を優先するか仕事を優先するかとの問いに、メンバーの中でニコルだけが、愛を優先する。愛の上にすべてが成り立っていると回答した。メンバーのハラを精神面でもサポートする優しさを見せ、ハラが単独出演する番組のために早朝起床が求められる時は、一緒に起きて洗面を手伝うことがある。青春不敗18回にゲスト出演した際、メンバーのハラが、共演者に愛されている様子が確認できたので、安心したと語り、ハラが嬉しくて涙した。
    • 憧れの韓国俳優やアイドルはいるが、プライベートでは、男性と付き合ったことは未だないと強心臓97回とニコルのキャンパスライフで語った。好きな男性から、バックハグをされるなら嬉しいだろうと楽しい妄想をすることがある。
    • 名前は韓国名と米国名の二つあり、アメリカ育ちで馴染れ親しんだニコルを活動名としている。
    • 2012年2月18日、初単独コンサート「KARASIA」中に左足首靭帯を損傷した。その後の音楽番組では椅子に座りながらのダンスパフォーマンスをした。
  • ク・ハラ

    ハラ(구하라)
    1991年1月13日生 
    サブヴォーカル・メインダンサー
    身長,血液型: 163cm / B型 
    学歴: ソンシン女子大学 メディア映像学部 在学中 
    デビュー: 2008年 KARAミニアルバム [1st Mini Album] 
    特技,趣味: ダンス / 音楽観賞, ダンス 
    ----------------------------------------------------------------------------------------------------
    • 光州広域市出身。
    • 学歴:全州芸術高等学校(転校)、情報産業高等学校(卒業)、誠信女子大学校 メディア映像演技学部(2011年10月現在、在学中)。
    • 趣味:写真撮影、読書、ジム(運動)。
    • 特技:車の運転。
    • 座右の銘:なせば成る
    • 7歳の頃、両親の離婚により親戚の家を転々とし、祖母から子犬ちゃんと呼ばれ、育てられた家庭事情があり、祖母への深い愛情がある。共演者は年齢が近いよりも離れている方が(上下関係がはっきりしている方が)しっくりくると青春不敗で語った。(祖母は2011年1月に他界した)
    • 韓国安室奈美恵と言われる。
    • クールなお嬢様担当、ニックネームは「ハラちゃん」「クサインボルト(後述)」。「ハラク(後述)」痩せ型でウエストが48cm靴のサイズは22cm
    • 成宮寛貴がタイプ。
    • KBS放送の番組である青春不敗に出演した際に、キム・テウから初めてのキスはみんな家だろうとコチュジャンを受け取りに来たゲスト夫婦に尋ねた際に、尋ねられていないハラが、「車の中」(カー)と答えた。
    • 東日本大震災の被災地への支援として、1億ウォン(約720万円)を寄付した。
    • 人形のようなスタイル等、外見的な面を報じられることが多いが、内面は保険について真剣に検討したりするなど経済観念もしっかりしている。
    • クールなお嬢様担当と言われる割には、バラエティー番組で笑いをとるのが好きなようであり、日本の番組でもお茶目なところをたびたび見せていた。手癖も悪く花より男子で実際にキム・ヒョンジュンが着用したジャンパーと巨大なピグのぬいぐるみ、プロモーション版Pretty GirlのCDを、青春不敗の物々交換品として持参して無断でもらった事を白状する。また同番組では、中華まんの売上金を道端で数えている最中に売上金をジャンパーの左ポケットに入れている所をサニーに見つかりキム・シニョンにお仕置きを受ける。
    • 運動神経が良く、短距離走は韓国芸能人の運動会でブッチギリの1位になった事があり、「ク・ハラ+ウサイン・ボルト」を合わせて「クサインボルト」、青春不敗で言われた事を何でもする事から「ハラク」というニックネームを付けられた事がある。ボウリングも得意で、日本の番組でKARAと南海キャンディーズが対戦した際、ハラがストライクをとらなければKARAが負けるという場面で見事ストライクをとりKARAを勝利に導き、南キャンの山ちゃんに「これがスターか!」と言わしめた。
    • 追加メンバーオーディションで選抜され、新たにメンバーとして参加することになった。ハラはそれまでインターネットショッピングモールのモデルをしながら、いくつかのオーディションに応募していたが良い結果を得ることができなかった。追加オーディションへの参加は、現所属事務所の関係者がハラの写真をネット上で見て応募をすすめたことがきっかけ。追加オーディションでは、最終選考候補としてハラ以外に、DSP練習生のハ・ヒョンジ、一般応募のイ・アルム(T-ARAの同名メンバーとは別人)も選ばれており、事前の評価ではハラは第3位であったが、ハ・ヒョンジが途中で選考から自主的に降りるなどの経緯を経て、最終的にハラのみが選抜された。
    • 2011年6月28日BEASTのヨン・ジュンヒョンとの交際が報じられ、それぞれの所属事務所が交際の事実を認めている。2011年10月19日に韓国で放送された「ラジオスター」に出演した際に、スクープされた当時は「正式に交際していたわけではなくお互いに知り合っていく段階だった。その後はお互いに忙しく会えていないし連絡も取れていない。」と語った。
    • 大の肉好きである。
    • 時差ぼけになりやすい。
  • カン・ジヨン

    ジヨン(강지영)
    1994年1月18日生 
    サブヴォーカル
    身長,血液型 : 167cm / O型 
    学歴:成均館大学 演技芸術学科 在学中 
    デビュー: 2008年 KARAミニアルバム [1st Mini Album] 
    特技,趣味: 歌 / 映画、音楽観賞 
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    • 京畿道坡州市出身、家族は、父、母、姉様二人。
    • 趣味:ジムトレーニング、映画鑑賞、ギター(目下練習中)「KARA 1ST JAPAN TOUR 2012『KARASIA』」では、ソロステージで「Wanna Do」を披露した。
    • 座右の銘:最善を尽くそう
    • 日本語は、メンバーの中で一番苦手であったが、現在は日本デビュー当時に比べて相当上達し、日常会話に不自由はなく、通訳なしでもバラエティ番組に出演できる。[1] また、2011年には音楽番組で日本語検定に合格したと発表した。
    • 初めてニコルに会った瞬間を回顧して、すれ違ったニコルのオーラを感じ、「おぉ、芸能人だ」と思ったという。
    • KARAのマンネ(末っ子)、甘えん坊。ニックネームは「ジャイアントベイビー」
    • 韓国内でのドラマの収録中は、実母が弁当を用意してくれるので、それを食べる。ある日のメニューは、玄米ごはん、鶏肉、キノコと玉ねぎの炒め物。日本の撮影では、控室に業者のお弁当が用意されるので、韓国にはない仕組みのため、いつも嬉しいという。
    • テレビ番組の進行について責任感が強く、バラエティ番組でカエルを素手で捕まえたり、まだ動く生エビの寿司を戸惑いながらも食べることができる。食に関心があり、初めて覚えた日本語は、「佐賀牛」。
    • 青春不敗2では、実母がゲスト出演し、共演した。
    • 現メンバー内で最年少のため、他メンバーからマンネ(末っ子)と呼ばれて可愛がられている。実際の家族の姉妹でもマンネ(末っ子)であるが、実はメンバー内で一番背が高い。NSキム・ユンジは、従姉である。
    • 追加メンバーオーディションには参加していなかったが新たにメンバーとして参加することになった。現事務所の関係者の紹介で参加したということだが、経緯については不明。ただ、ニコルはジヨンのオーディションを見学しており、「黒系の衣装で、堂々と少女時代の「Kissing You」を歌う彼女の年齢を聞いた時は本当にびっくりした」と語っている。デビュー当日「Rock U」歌唱中マイクを投げて(緊張のあまり手から抜ける)しまった事がある。
    • KARAのメンバーは全員Twitterをしているが、特にジヨンは更新が多く、また積極的に日本語でツイートをしていることがメンバーで一番多い。高校を卒業して運転免許を取得して直ぐに車を購入した。愛車は、BMWミニで、自分が洗車している画像を自身で公開した。
    • 母と青春不敗2で共演した際、司会者がジヨンの母に、ジヨンに早く結婚して欲しいかと尋ねたところ、母は19歳の時にジヨンの姉を出産した為、青春を楽しむ時期がなかったことから、結婚は人生を楽しんでからでよいと答えた。
    • 舞鶴女子高校卒業。
    • 2012年11月 2013年度の成均館大学校演技芸術学科に合格する。
    • 成均館(ソンギュングァン)大学で行われた「キャンパスアタック 」イベントに参加

体感する!新感覚のダイエットサプリ登場!

新商品「レッドスリムダイエット」は、 従来のダイエットサプリと比較して体感性を強化し、また美容や健康改善などの成分も強化しておりますので、よりいっそう皆様方のご期待に添える商品となったと確信しております。 効能としましては、体内代謝を高めて脂肪燃焼を促進させダイエットへと導きます。